FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KK-DOTERA 65L R/T


KKドテラ 65L R/Tが仕上がりました。
KKドテラシリーズ中、最も汎用性があるスタンダードモデルです。

感度の良さ、小技を効かせた操作性に優れています。

DSC_8806.jpg


従来、ドテラ流し専用として開発したロッドですが、ファストテーパーを活かし、ティップを20cmほどしか動かさないジャークが可能で、北陸地方の気難しい青物を狙い撃つのに適していると、高い評価を得ています。

DSC_8808.jpg




昨年8月には、福井県玄達瀬にてお客様がKKドテラ65L R/Tで立派なヒラマサをキャッチされました。

20150809_20150809133806_Hhx7sAAnbJ.jpg


今回も少量生産で、申し訳なく思っております。
お買い求めは、各お取扱店までお問い合わせください。


<取扱店様>
小海途 http://sfskogaito.exblog.jp/
長久マリン http://homepage2.nifty.com/chokyumarine/
ビッグゲームルアーズ http://www.biggame-lures.com/
ボートクラブカナルhttp://www.bc-canal.com/




【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/
スポンサーサイト

クーダ バギスティック


10kgオーバーの魚をメインターゲットとしたジギングロッド〝クーダ バギスティック
プロトタイプができあがりました。ジグウェイト200~300gの60Mモデルはほぼブランクが決定しておりますが、今回はそれよりもヘヴィークラスの60MHと60Hのプロトロッドです。データ上と触ったフィーリングではかなり良い所まで仕上がっています。

DSC_6514.jpg

残すは実釣ということで、近く大型カンパチを狙いに行きます。




クーダ バギスティック60M プロトでランディングした魚たち。

DSC_3683.jpg

DSCN0698.jpg


それから、多くの皆様にお待たせしている日本海青物向けのバーチカルジギングロッド〝ハウラー〟はブランクの塗装、ガイドスレッドなど細かな部分を見直しましたが、近く生産に入る予定をしております。今しばらくお待ちください。



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

玄達瀬の大マサ。 KK-DOTERA 65L R/T


KK-DOTERA 65L R/Tユーザーの那須様から釣果情報をいただきました。

8月7日、玄達瀬にて15kgのヒラマサ。

20150809_20150809133806_Hhx7sAAnbJ.jpg


ソフトティップでありながら、バッドに高負荷を掛けられるKK-DOTERAらしいファイトですね。

20150809_20150809133806_xOn7nsOMCQ.jpg


おめでとうございます。


KK-DOTERA 65L R/T
http://www.inthestream.jp/cathand/detail-172342.html



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

【通販サイト セレクトルアーショップ】
http://www.inthestream.jp/

クーダ バギスティック

DSC_6827.jpg

6年前、原料高騰により惜しまれつつ販売を中止したクーダシリーズを再度見直すことにしました。

世界の海で、大物を狙い獲る。

大物と真っ向勝負して獲るために、
焦らずゆっくり確実にテストを進めて行きたいと思います。



日本海用ジギングロッド〝ハウラー〟もトルザイトガイドを採用する運びとなりました。
デビューまで今しばらくお待ちくださいませ。


KK-DOTREA 65L S/E フィネスカスタム

DSC_3187.jpg


KK-DOTREAシリーズでは、オーシャンガイドとLDBガイドを使用してきました。理由は、不思議と同じサイズのKガイドにすると、どのモデルでも感度がガクンと落ちてしまうからでした。フレームの脚が長いためなのか、Sicリングが斜めでラインと接点角度が悪いからなのか・・・

ただ、テスト品の中でも従来品より感度が出せる設定がひとつだけあり、それはガイド径を極端に小さくする方法でした。それにはもちろんリスクがあり、ノットが通らない、ガイド強度が落ちるなどなど。しかし、細いPEならば問題ない上、軽量化と竿先のシャープさ、高感度を得ることができます。



まだ、製品化には至っておりませんが、この青物シーズンでテストしたいと思います。




プロフィール

Kawashima

Author:Kawashima
T.KustoM Field Staff 川嶌崇玄

カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。