FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟県荒川  ストリームフューリー76H

StreamFury76H....

掛けた魚は絶対に獲る。これが、ストリームフューリーのスタイルの基本。
本来、大場所でのサツキマスを獲るために開発を進めてきたロッドではあるが、大型トラウト用としてテスター、モニターに使用され、サクラマスやレインボー、ゴールデンマハシールまで使えることが分かってきた。

様々な改良を経て、現在の形となったストリームフューリー76Hを車に積み、6時間半のドライブで新潟県荒川へ釣りにやってきました。



凍える寒さでスタートしたサーモンフィッシング。
今回はミノーのみで狙うと決めていた。

1465058_594325930653164_1110298344_n.jpg


開始早々、同行した餌釣りのニョロ氏のロッドがギュイーンと絞り込まれる。竿尻を前に突き出し、ロッドのタメと全身を使い、繊細かつダイナミックな取り込みに心を奪われる。

ドラグが無いという事は、ここまで釣りを難しくするものだと。

1481421_594336163985474_1277803163_n.jpg



ゴゴンッ!とミノーに襲い掛かるサケ。
だが、中々ファイトに持ち込めない上、パワーファイトをしたら、リップ折れを多発。

根がかりと勘違い? 
恥ずかしく照れ笑いで獲ったグッドサイズのオス。80cmほどだろうか。

1474692_594341353984955_1715429768_n.jpg




ニョロ氏は次々にサケをランディングしていく。カッコイイ!〝ジャパンスタイル〟

1479758_594424777309946_1713412873_n.jpg


ニョロ氏のランディングを見届け、デンス90DEEPを流心のヨレに目掛けキャスト。テンションを張る程度の遅めのリーリングでドリフトさせていると、距離もあったせいかドンッと鈍いバイト。アワセを入れた途端、一気に下流に走り出した。

ティップは下流に目掛け一直線。強靭なベリーからバッドでタメを作り耐えるがラインがもたない。
ラインが残り僅かになった頃、ニョロ氏に「切れるかもしれないが、止めてみる」と言い残し勝負に出た。ハンドドラグでスプールを握る。

止まった!!浮いた!デカイ!


70mほど下流で頭を出したサケ、頭しか見えないが明らかに大きい。


PEラインが風を切り、キーンと鳴く。
幾度か危険な走りを躱し、じわりじわりと瀬を登らせた。


ストリームフューリー76Hのバッドパワーは凄まじいと確信できた瞬間でもあった。










ニョロ氏にランディングネットを託した。
「これデカくて焦る」と・・・

逆光で私から魚は見えない。百戦錬磨の男が焦るサイズなのか?


ザバッ!と一発でネットインをしてくれた。
流石です。

1484551_594437360642021_1287530580_o.jpg

93cm、7.4kg、身幅だけで25cmほどある立派なオスでした。



1474901_594437367308687_1349562062_n.jpg



時折、雨に打たれながらも、ロッドを振れる幸せを感じ初日は終了した。

1474957_594449927307431_509660395_n.jpg









2日目、前日と同じポイントに向かった。
前日より水量が増して中洲に渡れない。仕方なく手前の筋を流して行く。




餌釣師たちとの会話。ルアーとは違う視点から、同じ魚を狙う。
実に勉強になる。ルアーはコース取りをする。いわゆる〝線〟で釣るが、餌を流すコースはあるが、どちらかと言えば〝点〟で狙う。ドラグがないノベ竿、ロッドのタメの使い方などなど。話が尽きない。


1454373_594731723945918_1335578233_n.jpg



餌釣りからのヒントを得た私。前日の釣り方プラス、小ワザを入れるように試してみた。
オモシロイ様にサケがミノーを襲ってきた。

ウワサを聞き付けたいずみや旅館さんが撮影に来てくださいました。







荒川のサケ釣りに精通した大将が営む。
いずみや旅館HP




連続ファイトで握力を消失した私は、しばし餌釣りの見学です。
轟轟と流れる瀬で、サケの反撃受け止める。〝ニョロ氏流のロッドの着こなし方〟と言えば良いのだろうか・・・。ロッドを握る姿はカッコイイ。

1464796_594840867268337_1054400294_n.jpg




Sun Set

久しぶりに釣りたい気持ちより、釣りすぎで体力不足を痛感する一日となりました。
初日4本、2日目は15本以上。

1485013_594450190640738_615640676_n.jpg


今回も川原で沢山の方とお会いできました。
それは荒川とサケが結びつけてくれた素晴らしい出会い。

餌釣り、ルアーフィッシングの隔たりを越えた出会いに感謝。





<タックル>
ロッド:T.KustoM ストリームフューリー76H (プロト)
リール:ステラ2500
ライン:PE1.2 + 16LBリーダー
ルアー:デンス90DEEP、レックスDEEP、他



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream




















スポンサーサイト
プロフィール

Kawashima

Author:Kawashima
T.KustoM Field Staff 川嶌崇玄

カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。