FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クーダ バギスティック

DSC_6827.jpg

6年前、原料高騰により惜しまれつつ販売を中止したクーダシリーズを再度見直すことにしました。

世界の海で、大物を狙い獲る。

大物と真っ向勝負して獲るために、
焦らずゆっくり確実にテストを進めて行きたいと思います。



日本海用ジギングロッド〝ハウラー〟もトルザイトガイドを採用する運びとなりました。
デビューまで今しばらくお待ちくださいませ。


サクラマス  ストリームフューリー76H

10149473_653075708111519_5769793111_n_edited-1.jpg

地味にテストを繰り返しているストリームフューリーシリーズ。
今年もMAD氏がサクラマスを釣ってくれました。

ロッドはストリームフューリー76H。序々に、ブランクの完成がみえて来ました。



新潟県荒川  ストリームフューリー76H

StreamFury76H....

掛けた魚は絶対に獲る。これが、ストリームフューリーのスタイルの基本。
本来、大場所でのサツキマスを獲るために開発を進めてきたロッドではあるが、大型トラウト用としてテスター、モニターに使用され、サクラマスやレインボー、ゴールデンマハシールまで使えることが分かってきた。

様々な改良を経て、現在の形となったストリームフューリー76Hを車に積み、6時間半のドライブで新潟県荒川へ釣りにやってきました。



凍える寒さでスタートしたサーモンフィッシング。
今回はミノーのみで狙うと決めていた。

1465058_594325930653164_1110298344_n.jpg


開始早々、同行した餌釣りのニョロ氏のロッドがギュイーンと絞り込まれる。竿尻を前に突き出し、ロッドのタメと全身を使い、繊細かつダイナミックな取り込みに心を奪われる。

ドラグが無いという事は、ここまで釣りを難しくするものだと。

1481421_594336163985474_1277803163_n.jpg



ゴゴンッ!とミノーに襲い掛かるサケ。
だが、中々ファイトに持ち込めない上、パワーファイトをしたら、リップ折れを多発。

根がかりと勘違い? 
恥ずかしく照れ笑いで獲ったグッドサイズのオス。80cmほどだろうか。

1474692_594341353984955_1715429768_n.jpg




ニョロ氏は次々にサケをランディングしていく。カッコイイ!〝ジャパンスタイル〟

1479758_594424777309946_1713412873_n.jpg


ニョロ氏のランディングを見届け、デンス90DEEPを流心のヨレに目掛けキャスト。テンションを張る程度の遅めのリーリングでドリフトさせていると、距離もあったせいかドンッと鈍いバイト。アワセを入れた途端、一気に下流に走り出した。

ティップは下流に目掛け一直線。強靭なベリーからバッドでタメを作り耐えるがラインがもたない。
ラインが残り僅かになった頃、ニョロ氏に「切れるかもしれないが、止めてみる」と言い残し勝負に出た。ハンドドラグでスプールを握る。

止まった!!浮いた!デカイ!


70mほど下流で頭を出したサケ、頭しか見えないが明らかに大きい。


PEラインが風を切り、キーンと鳴く。
幾度か危険な走りを躱し、じわりじわりと瀬を登らせた。


ストリームフューリー76Hのバッドパワーは凄まじいと確信できた瞬間でもあった。










ニョロ氏にランディングネットを託した。
「これデカくて焦る」と・・・

逆光で私から魚は見えない。百戦錬磨の男が焦るサイズなのか?


ザバッ!と一発でネットインをしてくれた。
流石です。

1484551_594437360642021_1287530580_o.jpg

93cm、7.4kg、身幅だけで25cmほどある立派なオスでした。



1474901_594437367308687_1349562062_n.jpg



時折、雨に打たれながらも、ロッドを振れる幸せを感じ初日は終了した。

1474957_594449927307431_509660395_n.jpg









2日目、前日と同じポイントに向かった。
前日より水量が増して中洲に渡れない。仕方なく手前の筋を流して行く。




餌釣師たちとの会話。ルアーとは違う視点から、同じ魚を狙う。
実に勉強になる。ルアーはコース取りをする。いわゆる〝線〟で釣るが、餌を流すコースはあるが、どちらかと言えば〝点〟で狙う。ドラグがないノベ竿、ロッドのタメの使い方などなど。話が尽きない。


1454373_594731723945918_1335578233_n.jpg



餌釣りからのヒントを得た私。前日の釣り方プラス、小ワザを入れるように試してみた。
オモシロイ様にサケがミノーを襲ってきた。

ウワサを聞き付けたいずみや旅館さんが撮影に来てくださいました。







荒川のサケ釣りに精通した大将が営む。
いずみや旅館HP




連続ファイトで握力を消失した私は、しばし餌釣りの見学です。
轟轟と流れる瀬で、サケの反撃受け止める。〝ニョロ氏流のロッドの着こなし方〟と言えば良いのだろうか・・・。ロッドを握る姿はカッコイイ。

1464796_594840867268337_1054400294_n.jpg




Sun Set

久しぶりに釣りたい気持ちより、釣りすぎで体力不足を痛感する一日となりました。
初日4本、2日目は15本以上。

1485013_594450190640738_615640676_n.jpg


今回も川原で沢山の方とお会いできました。
それは荒川とサケが結びつけてくれた素晴らしい出会い。

餌釣り、ルアーフィッシングの隔たりを越えた出会いに感謝。





<タックル>
ロッド:T.KustoM ストリームフューリー76H (プロト)
リール:ステラ2500
ライン:PE1.2 + 16LBリーダー
ルアー:デンス90DEEP、レックスDEEP、他



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream




















KK-DOTREA 65L S/E フィネスカスタム

DSC_3187.jpg


KK-DOTREAシリーズでは、オーシャンガイドとLDBガイドを使用してきました。理由は、不思議と同じサイズのKガイドにすると、どのモデルでも感度がガクンと落ちてしまうからでした。フレームの脚が長いためなのか、Sicリングが斜めでラインと接点角度が悪いからなのか・・・

ただ、テスト品の中でも従来品より感度が出せる設定がひとつだけあり、それはガイド径を極端に小さくする方法でした。それにはもちろんリスクがあり、ノットが通らない、ガイド強度が落ちるなどなど。しかし、細いPEならば問題ない上、軽量化と竿先のシャープさ、高感度を得ることができます。



まだ、製品化には至っておりませんが、この青物シーズンでテストしたいと思います。




トルザイトリング

更新が疎かになってしまい申し訳ありません。

大変お待たせしておりますバーチカルジギングロッドのハウラーですが、グリップの仕様変更などがありまして発売が延期となっています。

さて、今年のフィッシングショーでお披露目となったFujiの新しいガイド〝トルザイトリング〟が来年デビューすることが決まったようです。

d285d067eac3a5123084c359306a69118b3791a9_11_2_2_2.jpg

薄く、軽くとかなりの優れものです。
リング直径が大きくなるので、従来のガイドフレームからワンランク小さくでき、更なる軽量化が期待できます。
強度や感度など、まだ不明な部分がありますが試す価値はありそうです。

自信を持って発売する為にも、生産途中にあるハウラーのガイドも見直す必要性が出てきました。


ハウラーをご予約いただいているお客様、素晴らしいブランクであることは間違いありませんが、今しばらくお待ち頂けたら幸いです。






1st KK-DOTREA CUP

昨年の秋から今年の3月末まで開催されていましたKK-DOTEREA CUPの優勝賞品ができあがりました。
優勝者様のネーム入れをはじめ、細かなガイドセッティングなどなどありお時間がかかってしまいました。


通常のKK-DOTERAシリーズとは異なり、すべてKガイドセッティングです。
しかも、ジギングロッドしてはありえないほどのティップセクションのガイドは小口径です。
これは軽量化と極限まで感度を求めるためのモノであり、ノットは摩擦系以外は絶対に通りません。ジグのちょい投げもできません。


実はこれ、密かにテストをしていますKK-DOTERA 65ML S/E スーパーフィネスカスタムをベースにしています。
今年の秋に、数量限定で生産する予定です。





で、優勝らしい??? 特別なゴールド仕上げです。

DSC_0910_edited-1.jpg


ALL Kガイド

DSC_0914_edited-1.jpg


ご覧下さい。ティップのブランクよりガイド径が小さいです。

DSC_0911.jpg


ベリー部分に誇らしげに、優勝の証が刻まれています。

DSC_0908.jpg



優勝のO野様、ルアー船小海途にお届けしておきますので受け取ってくださいね。



ルアー船 小海途
http://sfskogaito.exblog.jp/



チャージャーMHによる釣果報告

先日、チャージャーMHをご購入いただきましたジムシー岡田さんより、早速釣果報告をいただきました。 



以下、ジムシー岡田さんのフェイスブックより。


582062_287871191349716_392147542_n.jpg


今日は石川県加賀のなぶら丸さんにお世話になりました!
ジギングでの反応はなく三国から誘い出しで出てるよとの連絡で、三国へ^^
誘い出し・・・ほぼやったことなかったんです^^;

船長からいろいろアドバイス頂き、誘い出しで鰤3本獲れました^^
これからはキャスティングもいろいろ勉強していきます!

チャージャーMH 早速良い仕事してくれました^^ 
繊細なアクションを入れれるティップながら強力でねばりのある竿

969318_287871251349710_1384577774_n.jpg



ジムシー岡田さん、ありがとうございました。







チャージャーMH デビュー

皆様お待たせしました!チャージャーMHがデビューしました。

少々変更がありましたが、基本となるブランクは同じでスペックの表示が変わりました。

LENGTH 8'1"
LUREMAX 100g
LINEMAX PE 3-5
SECTION オフセット
PRICE 49900yen

安全性を考えて、ロースペックとしましたが、ちょいプラスなら問題なく使用できます。



レーザーロゴ加工2トーングリップ。

DSC_0466.jpg


レーシングストライプの様なグリップエンドは、少し硬度の違うEVAを組み合わせることによりグリップ力を高める為のデザインです。

DSC_0460.jpg


リールシートは細身のDPS18ブラックフードを採用。
手が小さい方でもしっかり握れます。

ステラ20000でも問題なく取り付け可能です。

DSC_0461.jpg



ティップセクションのガイドはチタンのシングルKガイド。

DSC_0457.jpg


ベリー&バッドは強度重視のダブルフットステンレスKガイド。

DSC_0455.jpg




開発者の拘りで厳選した素材を使用したチャージャーシリーズは、今までお客様と対話し、コンセプトや扱い方を理解していただいた上でご購入いただいておりましたが、全国のアングラーからのご要望も多く、この度、通販と業販をスタートしました。

ロッドビルダーが一本一本ハンドメイドで生産しております。そのため生産数が極めて少なくお客様にご迷惑をお掛けすることもございますが、何卒ご理解くださいます様お願い致します。




ディラー様、またはセレクトルアーショップからもお買い求めできます。

Dealer
http://www.t-kustom.net/dealers.html

セレクトルアーショップ
http://www.inthestream.jp/

長良川のサツキマス開幕

今朝、mad氏から長良川のサツキマス情報をいただきました。

CA3I00810001.jpg

9gのスプーンでキャッチとのこと。

ロッドはテスト中のストリームフューリー73です。1ピースならではの無駄のないテーパーとトルクフルなパワーで、対岸まで思いっ切りキャストして仕留めたそうです。

さてさて、トラウトアングラーの皆さん、長良鱒を狙いに行きましょう!!




mad氏のブログ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/saksat60up


【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream




再びサクラマス

九頭竜川から再びmad氏による釣果報告がありました。


開発中トラウトロッドのストームフューリー76Hです。
激流の中を下るサクラマスをモノともしないバッドパワーで獲った一本です。

862463_451001064985652_288068485_n.jpg

リールシートやグリップなどテストロッドのため安価の物ですが、市販する時にはカッコイイものになると思います。

862061_451001078318984_1974802195_n.jpg

サクラマス 58cm



mad氏のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/saksat60up



【インザストリーム公式 フェイスブック】
http://www.facebook.com/inthestream

サクラマス

CA3I0012.jpg

九頭竜川のサクラマスが出ました。
ロッドはテスト中のストリームフューリー76Hです。
徐々に形になりつつあるトラウトロッドです。

img_433337_11306771_1.jpg

T.KustoMモニターのmad氏による釣果です。

mad氏のブログ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/saksat60up


トローリングロッド インペリアル

DSC_8136.jpg

ビッグゲームの世界で経験を積み、長年の夢であったトローリングロッドが徐々にリアルなモノになろうとしています。数十人の人から、「テストをさせてくれ」と誘われたが丁重に断った。カジキを年間何十本も釣るアングラーであっても、ブランクやガイドについて熟知しているアングラーは極僅か。今、使っているそのロッドのどこが良いのか、なぜそのガイドが採用されているのか語れなければ意味がないと思っています。

人が気持ちを込めて作るロッド。その想いを表現してこなかったのはメーカーの責任でもあるが、インペリアは熱い想いを表に出していきます。


まだ日が暮れないマリーナの夕時。
釣り上げたビッグマーリンを見上げながら、
別船のキャプテンにタックルを語る。



そんな風景が私は見たい。






フィールドスタッフ新メンバー

T.KustoM フィールドスタッフに新メンバーが加わりました。

ご存知の方も多いと思いますがVAGI氏です。ヴァギと読みますが、私が知る限り日本人です。
ジギングなどのオフショア全般、特に大物のアイテムに力を注いでいただくことになります。
宜しくお願い致します。


DSC_4971.jpg

こちらがVAGI氏のブログです。
http://tkustom5.blog133.fc2.com/


チャージャー MH

479932_402367229849036_78710365_n.jpg

チャージャー81MHのブランクです。一本一本コミ調整などし検品しています。
完成まで今しばらくお待ちくださいませ。

プロフィール

Kawashima

Author:Kawashima
T.KustoM Field Staff 川嶌崇玄

カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。